本文へスキップ
HOME About us Wine information

Wine

購入について 取扱店 会員について
小さなドメーヌでもありますし、ワイン造りでもある農作業に集中するため、Domaine Takahiko からお客さ様への直接販売は行っておりません。本当に申し訳ございません。ご協力、よろしくお願い致します。
しかし、私のワインを飲んで頂けるお客様と、できるだけコミュニケーションも取りたいと思っております。
イベントなどの案内など、お知らせもしたいと思いますので、興味がありましたら、Domaine Takahikoのメール会員への登録お願い致します(メールでお申し込み下さい)。
2012年 キュムラ ピノ・ノワール、2013年ナカイブランはリリースされません。
2012年 パストゥグランは、2014年3月下旬にリリースされました。

自社農園の2012年ナナ・ツ・モリ ピノ ノワールは、2014年10月頃にリリース決定です。
このワインがこれからのドメーヌタカヒコのフラッグシップワインとなる予定です。
Wine List
《はじめに》
ワインは自我の塊だと私は思っております。ワインの味や香りはテロワールにも大きく影響されますが、それよりもまして「人」によって大きく影響されます。なぜらな「自然と人」との関係に対する栽培・醸造家の哲学がワインの味に影響するからです。今回、私が醸造したワインは、私の畑で栽培されたものでないので、栽培においては私の表現したものが全て入っておりません。しかし、余市と言うテロワールは十分に表現されている葡萄であることは、飲んで頂ければ解るかと思います。今回のワインをリリースする最大の理由は、いままで埋もれていた余市と言う質の高いピノ・ノワールの栽培が可能な産地を、少しでも早く多くの人に知って頂きたいとの、私の強い思いから始めました。しかし、本音の言えば、自分が毎日手をだせない畑の葡萄を使用して醸造することは、私にとって辛いことです。私は醸造家と言われたくありません。自分のワインは自分の畑で造るヴィニュロンでいたいです。

《ヨイチノボリとは》
北海道の余市町登地区の葡萄のみを使用し、醸造されたワインのシリーズです。

この登地区のヴィニュロンが栽培するワイン葡萄の品質の高さを、少しでも早く多くの方に知って頂きたいとのおもいから、タカヒコが独自の思想をもって醸造したものがこのワインのシリーズです。


このシリーズのラベルには、「Domaine Takahiko」と明記されておりません。
「Takahiko Soga 」と記載されています。


マークとなっている家紋は、「5・3の桐」を 「5・3の葡萄」に私がアレンジしたものです。

ドメーヌ タカヒコ ナナツモリ ピノ・ノワール  (Nana-Thu-Mori Pinot Noir )

色はタカヒコらしい淡い色合い。2012年は尖った酸があるのが特徴的だが体に馴染む優しい口当たりを持ち、余韻には出汁を思わせる旨味と果実味が広がる。香りにはアジアのスパイスを思わせる心地よい香りの中に、ピノノワールが持つベリー系の果実味と魅惑的な微生物の香りが旨味を伴いながら口の中に広がる。これまで製造してきたキュムラピノノワールとの共通点もあるが、ナナツモリは骨格があり、独特の果実味がある。独特のスパイシーな香りも特徴。

ナナツモリ ピノノワールは、日本独特の火山性土壌で育ち、赤褐色の粘土土壌が特徴だ。土壌の中は風化が始まった砂石や安山岩の礫が多く含まれ、水はけが非常に良い。薄旨系の優しい口当たりのワインを醸すには、この土壌条件が必要であると考えている。

一方、選果は何度も何度もブドウ園で行い、灰カビや未熟果をタンク中まで持ち込まない。発酵は100%全房のまま行い、酵母はブドウに付着した複数種の野生酵母が複雑に関与するよう低温で促す。あたり前だが亜硫酸などは野生酵母が動けなくなるので絶対に添加しない。また、補糖も行わない。ピジャージュは足で優しく行い足の感覚で抽出や微生物を制御する。キュベゾン(醪日数)は30日以上と非常に長いのも特徴だ。野生酵母を操ることは簡単なことではないが、ブドウと酵母が自然の摂理の中で一体となった時、魅惑的なワインが生まれてくると考える。亜硫酸は、瓶詰時におまじない程度添加するだけ。グラスの中で香が開いてくると他のピノの生産者と異なるタカヒコ独特の複雑な香りが溢れる。飲み頃は、まず2015年の春頃まで抜栓を待つことをお勧めしたいが、理想としては、最低でも2016年春頃まで熟成させて頂きたい(酸がまだ尖っている)。これまでのキュムラピノノワールよりも、ナナツモリは力と果実味のあるワインに仕上がっている。

セパージュ :ピノ ノワール100% (ビオで栽培した自園のブドウ100%)

12ケ月 小樽熟成(古樽) 無濾過  

亜硫酸 瓶詰時にまじない程度(10ppm)

容量:750ml

瓶詰本数 約4,000本    

小売希望価格 \3,700(税別)



ヨイチ・ノボリ パストゥグラン 2012 (Yoichi Nobori Passetoutgrains 2012)

魅力的な果実味を持つ余市町登地区の「ツヴァイ」。ピノ・ノワールの特徴を持ちつつ力強い骨格もあり、一方でガメイの様な華やか香りと安定した栽培が期待できる品種。このワインは、ガメイ種を主体とするブルゴーニュのパストゥグランをイメージして醸造しました。除梗をせず、全房のまま、添加酵母を使用せず自然な発酵を促す方法で醸造しております。

ツヴァイが持つブラックチェリーとピノ・ノワールが持つイチゴの香りの絶妙なバランスを是非、楽しんで下さい。

2012年はこれまでのビンテージのワインよりも、力強く骨格がしっかりしたワインでありながら、非常に複雑で黒い完熟した果実の香りが溢れるワインとなっております。非常にエロチックなワインでもあります。
亜硫酸は、醸造中使用せず、瓶詰直前におまじない程度、添加しております。
無濾過のため、僅かに濁りがあります。


セパージュ:  ピノ・ノワール(Pinot Noir) 60%
         ツヴァイ(Zwei) 40% 
         12ヵ月 小樽熟成(古樽)
ヨイチ・ルージュ アッサンブラージュ

道内酒販店限定のワインです。

定価各で気軽に飲める農家らしいワインを醸したく、王冠でリリースしております。少し濁りがあり魅力的な果実味に溢れた赤ワインです。ツヴァイとピノがブレンドされたワインですが、そんなこと考えず、気軽に楽しく飲んで頂きたいワインです。1年間 古樽で熟成されております。




購入について
大変申し訳ございませんが、家族だけで作業している小さなドメーヌであるため、農作業に集中したく、
Domaine Takahikoからのワインの直接販売は行っておりません。

以下の販売店様で販売を行っております。
非常に申し訳ございませんが、各酒販店様へお問い合わせをお願い致します。

販売店
北海道 東北 関東  現在、メール会員を募集しております。
メールを登録して下さった方には、販売日情報、イベント、テイスティング会のご案内を差し上げる予定です。
登録を希望される方はドメーヌタカヒコへメールを下さい。
甲信越 中部 中国
 九州 近畿
会員について
現在、メール会員を募集しております。
メールを登録して下さった方には、イベント、テイスティング会のご案内を差し上げる予定です。
登録を希望される方はメールを下さい。